So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

Come Spy With Us [ミュージック]




第1弾
mgmhfh'.jpg
丑三つ時だョ!全員集合~怪奇音楽(ヒュードロ・ロック)への誘い
Mostly Ghostly : More Horror For Halloween
英米で50~60年代にかけて発表されたドラキュラ、ゾンビ、ミイラ男、首なし騎士など西洋でお馴染みのキャラクターやホラー映画をモチーフにした曲を集めたユニークなコンピレーション。スクリーミン・ジェイ・ホーキンス、スクリーミング・ロード・サッチの定番曲、若き日のドクター・ジョンの参加曲、ビートルズの「抱きしめたい」のドラキュラ・ヴァージョン(?)「噛みつきたい」などB級感漂う、ゆるくて馬鹿馬鹿しいサウンドは爆笑もの!!「ドラキュラとディナー」「ドゥ・ザ・ゾンビ」「霊柩車」「黒猫」「マッド・サイエンティスト」「ロッキン・ゾンビ」などタイトルからしてそそられる全25曲収録。

過去記事「中公文庫創刊40周年 其の一」で紹介しました

第2段
ghfos'.jpg
宇宙時代のヒッパレー (Hit Parade)
Greatest Hits From Outer Space
1950年代からの冷戦下の米ソの宇宙開発競争により、宇宙が人類にとって身近なものとなりSF(小説・映画)が大流行した50~70年代にかけての宇宙を舞台にしたSF映画音楽、ヒット曲、そして埋もれたままとなっている曲を収録した抱腹絶倒のコンピレーション。デヴィッド・ボウイ「スペース・オディティ」、バーズ「ミスター・スペースマン」、トルネードス「テルスター」などの今でも耳にすることが多い名曲から、カール・ベーム指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団「ツァラトゥストラはかく語りき(2001年宇宙の旅)」、ヴェンチャーズ「トワイライト・ゾーン」、レナード・ニモイ「宇宙大作戦(スタートレック)のテーマ」、などの映画、TVの主題歌、そしてエラ・フィッツジェラルド「円盤のふたり」、ライトニン・ホプキンス「ジョン・グレン大佐に捧げるハッピー・ブルース」、ボビー・ウーマック「みんな月に行っちまった」、ジーン・ヴィンセント「スペース・シップ・トゥ・マーズ」など、何でこの人がこんな曲を?という珍品から、ビリー・リー・ライリー「ロックン・ロールUFO」、ジミー・ハスケル「ロッキン人工衛星」、ディック・ハイマン「かぐや姫」ただただブームに乗っかかった泡沫ソングまでの王道から邪道の玉石混合の24曲を収録。

過去記事「From Outer Space」で紹介しました

毎度、馬鹿馬鹿しい企画物編集盤を出す英国エース(ACE)・レコードですが、脳内分布が怪獣、恐竜、宇宙人、妖怪、モンスター、忍者、探偵、スパイで99%を占められていた小学男児時代からほとんど進化を遂げていない私にとっては大のお気に入りレーベルです
で、今回はその第3弾になります

cswu'.jpg
ボンドにソロにクリアキン~スパイだョ! 全員集合
Come Spy With Us : The Secret Agent Songbook
『007』『0011ナポレオン・ソロ』『電撃フリント』『アイ・スパイ』『シークレット・エージェントマン』など50~60年代にかけて英米でヒットしたスパイ/刑事ものの映画/TVドラマのテーマ曲/主題歌を収録したユニークなコンピレーション。収録曲/アーティストは「スパイ大作戦のテーマ」(ラロ・シフリン)、「ピーター・ガンのテーマ」(サラ・ヴォーン)、「バークにまかせろのテーマ」(ウィントン・ケリー)、「恋の面影~カジノロワイヤル」(ダスティ・スプリングフィールド)、「恐怖との遭遇のテーマ」(アスラット・ジルベルト)、「爆笑スパイ大作戦」(ナンシー・シナトラ)、「ビキニマシン」(シュープリームス)、「電撃フリントGO! GO作戦」(ビリー・ストレンジ)、「それいけスマート」(ドン・アダムス)などメジャーどころから知る人ぞ知るB級カルト作品まで25曲収録。

5曲紹介しておきます

1曲目
Deadlier Than The Male 「やさしい悪魔(キッスは殺しのサインのテーマ)」/ The Walker Brothers
https://www.youtube.com/watch?v=h6HSbanREbE
キャンディーズではありません(笑)
日本でも物凄い人気があったウォーカー・ブラザーズが66年の英国映画の主題歌を歌っています
映画の主人公“ブルドッグ・ドラモンド”を演じたリチャード・ジョンソンは、元々テレンス・ヤング監督がショーン・コネリー以前にジェイムズ・ボンド役に起用しようとしていた俳優だそうです
なお、“ブルドッグ・ドラモンド”については、あの江戸川乱歩が『怪傑ドラモンド』として日本に翻案したそうです

2曲目
The Look Of Love 「恋の面影~カジノ・ロワイヤル」/ Dusty Springfield
https://www.youtube.com/watch?v=MPkp-pCJYCc
ルック・オブ・ラヴといってもABCではありません(笑)
イアン・フレミングによる007シリーズ原作の第1作目ですが、映画としては“本流”のパロディ作として作られた67年英国の喜劇作品だそうです
主題歌はバート・バカラックの職人芸によるもので、今や完全定番スタンダード・ナンバーです

3曲目
The Man From U.N.C.L.E. Theme 「0011 ナポレオン・ソロのテーマ」/ Daniel Caine Orchestra
https://www.youtube.com/watch?v=CLOaIVUT7Nk
これも紹介しない訳にはいきません
私もイリヤ・クリヤキン大好きでした(ソロよりも…笑)
番組放映時には、「恐れ入谷の鬼子母神」改→恐れ入谷の栗きんとん」改→「恐れ入谷のクリヤキン」が流行語大賞候補になっていた記憶がかすかにあります(ウソ)
CDには、カリフォルニアのインスト・バンドのチャレンジャーズの演奏が収録されていますが、ここではオリジナルを紹介しておきます
なお、ウーゴ・モンテネグロ作曲のこの主題歌を、ブロウ・アップしたのが玉木宏樹の「大江戸捜査網」の主題歌だそうです

4曲目
Bye Bye (Theme From Peter Gunn) 「バイ・バイ(ピーター・ガンのテーマ)」/ The Art of Noise featuring Duane Eddy
https://www.youtube.com/watch?v=tK-vUY6erQU
これも有名な曲ですが、私はアート・オブ・ノイズのカヴァーで知りました
なので、ここでもアート・オブ・ノイズ・フィーチャリング・デュアン・エディのトゥワング・ギターで紹介しておきます(CDには、サラ・ヴォーンのヴォーカル・ヴァージョンで収録されています)

5曲目
Come Spy With Me 「カム・ウィズ・ミー」/ Smokey Robinson And The Miracles
https://www.youtube.com/watch?v=_7TachNp7Rg
CDのタイトルの元ネタにもなったこの曲は、トロイ・ドナヒュー主演の67年米国映画主題歌だそうです
スモーキー・ロビンソンのヴォーカルは、いつ聞いても鳥肌が立ちます

最後に…
大変遅くなりましたが、訃報を2つ紹介しておきます

米俳優のロバート・ボーンさん死去 映画「荒野の七人」(昨年11/13付朝日新聞)
cswu0.JPG
米メディアによると、11日、ニューヨークの病院で死去、83歳。急性白血病で治療を受けていた。
ニューヨーク生まれ。黒沢明監督の「七人の侍」を西部劇としてリメイクした米映画「荒野の七人」(60年)などに出演。60年代に放送されたテレビシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」で主役を演じ、世界的スターとなった。「復活の日」(80年)など日本映画にも登場した。
ボーンさんの死去で、「荒野の七人」にガンマン役で出演した7人の男優全員がこの世を去ったことになる。

「007」3代目ボンド ロジャー・ムーア氏死去(5/24付朝日新聞)
cswu2.JPG
英BBCは23日、スパイ映画「007」シリーズのジェームズ・ボンド役で人気を集めた英国の俳優ロジャー・ムーア氏が死去したと報じた。89歳だった。家族によると、がんで闘病中だったという。
ムーアさんは、スパイ映画「007」シリーズの主人公ボンド役の3代目として知られ、「私を愛したスパイ」(1977年)などの作品がある。国連児童基金(ユニセフ)親善大使も務めた。

2人の諜報部員に対し、謹んでご冥福をお祈り申しあげます


コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の1件 | -