So-net無料ブログ作成
検索選択

日蝕狩り [ひとりごと]

師走です…私も一応先生と呼ばれてるんで(笑)、Keep On Runnin' (by Spencer Davis Group)状態です
おかげさまで、当blogも「廃墟」と化しています
しかし、どうでもいいことですが、年忘れと称してわずかな理性さえかなぐり捨ててしまおうとするのは、なんとかして欲しいものです(ま、私もですが…)
慢性睡眠不足がさらに悪化し、懐も非常にさびしいです
…と書いてたら、またお誘いのメールが来ました
年末のクソ忙しいときに、オールディーズ・パーティだそうです
小岩ジョニーエンジェルだそうです
はあ、シェリー・フェブレーですか…って、そこまで年寄りじゃないんだけど

たまには、お仕事ネタもやっておきます
先週こんなシンポジウムに参加してきました
http://www.jil.go.jp/event/symposium/info/051202.htm
で、内容はどうでもいいんですが(笑)、
ここの会長さんに20年ぶりぐらいにお会いして、昔と全然変わってないので笑ってしまいました
開会あいさつ予定5分のはずが時間オーバー20分で大ひんしゅく、さらに予定にはなかったはずの閉会のあいさつと…一人で目立ってました
散々、協会に入会してくれと繰り返してたんで、ついその気になっちゃいました

ところで、司法制度改革の一環で来年から労働審判制度というのが始まるのですが…どういう形になるかまだわかりませんが、私も参入するつもりです
ただし、その場合、立場を明確にする必要があります、労働者側に立つか使用者側に立つか…
同業のある方は、労働者支援を徹底するために、顧問先企業との契約をすべて解除したそうです…
ある立場を選ぶということは、別の立場の人の敵になるということです

話題を変えて…
Amazonギフト券で購入した商品が届きました
これです
日蝕狩り ブリクサ・バーゲルト飛廻双六

本来なら読んでからにするべきなのですが、いつになるかわからないし(笑)…ですから、ここで紹介しておきます
(帯から引用)
アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのリーダー、ブリクサ・バーゲルトを巡る書物の形をした一連の冒険
80年代ニューウェーヴ・シーンに衝撃を与えた叫びとノイズのカオスから現在の〈うた〉への変容を逐一追った聴取の記録、そして膨大なテクスト読解を通して鮮やかに立ち現れるひとつの声の精神史。音楽と文学のはざまを駆け抜けて、その声は戸外をめざす。痛みをもって聴け!

詩を一つ紹介しておくと…

“Negativ Nein”

否 否 ネガティヴ 否
人生 何が薔薇色 もろとも滅べ
否 ネガティヴ・ナイン
避難所/亡命
ここにもない そこにもない ない 否
重要なこと ネガティヴ・ナイン
叫んで地に落ちろ

訳者の武村知子さんは、ドイツ文学者でマイスター・エックハルトの研究者だそうです

オマケで、最近買ったCD

(上)ペスキー・ジー!/エクスクラメーション・マーク
ストレンジ・デイズ presents 紙ジャケ《ブリティッシュ・ロック・マスターピースPART2》だそうですが、そんなことはどうでもいいです
ずばりジャケ買いです
ビアズリー後期の点描時代「髪の毛盗み」から!
(中)Hardfloor/Our Acid Experience:HMV 15th Anniversary
アシッドハウス、ジャーマントランスと言われても、90年代の全盛期を知らないし、?状態だったのですが…
古めかしい電子音=シンセの音の無機的な反復…でも、耳を澄ませば聴こえてきます、タンジェリン・ドリームやクラフトワーク、ジョルジオ・モロダー(=ミュンヘン・ディスコ)のDNAが
(下)ミューズ/タイム・イズ・ランニング・アウト(CCCD)
ミューズの存在を知ったのは今年1番の収穫かも
でも、これってもう2年前に出てたんだ、情報感度悪すぎ…

それから、これも…
どちらも、20th Anniversary Editionだそうです
別記事で触れる予定なので、今日は報告だけ

(左)Art Of Noise/Into Battle With The Art Of Noise
(右)Propaganda/A Secret Wish
これもすでに2年前に出てたんだ、情報感度なさすぎ…

今日の1曲
Acperience 5「アクペリエンス5」/Hardfloor


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 8

masa63

師匠、こんばんは。
シンポジウムの内容を見てビックリ♪
労使とはおおよそ無縁の人だとばっかり思ってましたよ(笑)
「日蝕狩り」、内容はともかくデザインが良さそうですね。
by masa63 (2005-12-09 01:47) 

モバサム41

tanamasaさん、コンプライアンスですよ。
セクハラ、パワハラ厳禁です。
tanamasaさんのblogを職場で見せると、それだけでセクハラが成立します(笑)
by モバサム41 (2005-12-09 08:31) 

おかあかです

やっと復活ですね。良かった。
私は元気ですから(^^)
by おかあかです (2005-12-09 13:21) 

モバサム41

来てくれたんですね。
ありがとう。
お元気で何よりです。
力が湧きます。
by モバサム41 (2005-12-09 18:15) 

ちぇぶらさん

こんにちは。(^_^)ブリクサさんのお話なので、馳せ参じました(笑)。日蝕狩り 、愛読してました。ネタバレにならないように、ここではクチにチャックですが、おすすめです。エックハルトも担当された武村さんの訳はよく咀嚼されている感じがスキです。ビアズリーの絵、やっぱりいいですね。ジャケットに使われると全部ジャケ買いしたくなっちゃいます(苦笑)。

 アシッドハウス、ジャーマントランスは好きな分野ですが、懐かしい感じがするのは、やっぱりモバサムさんが仰る通りで、タンジェリン・ドリームやクラフトワーク、ジョルジオ・モロダーらのDNAが入っているからなんでしょうね。別記事、楽しみにしてます。私も今月走り回ってます、睡眠不足になると風邪を引きやすくなりますから、お互いに気をつけましょうね。(*'_'*)
by ちぇぶらさん (2005-12-11 12:29) 

モバサム41

ちぇぶらさん、コメントありがとうございます。
「日蝕狩り」いつ読めるかわかりませんが、楽しみにしています。
ところで、のいばうてん七番勝負完結予定なのですが、彼らの使用楽器など(ジャンクメタルも含めて)を紹介してるサイトとかご存知ないですか?
「装備」対決するんで…(笑)
by モバサム41 (2005-12-11 15:36) 

ちぇぶらさん

日本語のサイトでこんなにのいばうてんについて書いて下さっているところって、モバサムさんのところだけですから(苦笑)、あまり見かけた記憶がないです。ドイツ語ではかれらについてのサイトはいくつかありますが、使用楽器などの「装備」にまで言及していたところは記憶がないですね...。今度、色々ウェブをサーフしてみた時に、見つけたらすぐ御連絡させて頂きます。(*'_'*)

 追 このパティ・スミスのホーセス、大好きなアルバムの一つですよ、ずっとサイドバーにあったので気になって気になって...(笑)。この写真、こころなしかジェーン・バーキンに似た雰囲気だなあと、いつも思ってしまう私でした...。(*'_'*)
by ちぇぶらさん (2005-12-11 16:23) 

モバサム41

ちぇぶらさんさん、ノイバウテン情報よろしくお願いします。
パティ・スミスは魔法使いのおばあさん顔ですが、この頃は若かった…
by モバサム41 (2005-12-11 17:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。