So-net無料ブログ作成
検索選択

オルガン [アニメ・コミック]



オルガン、あるいはベルばらKids6です

当blogには専属(?)のサブ・キャラが何人かいるのですが、最近出番がないぞーと泣き叫んでいるので順に登場させることにします
まず、一番手ですが、聖ニコラウスの後なので、聖ジュストでいきます

k1.jpg
「恐怖の大天使」サン・ジュスト
3年以上も費やした調査の結果、「ベルばらKids」の中でのこの人の出現率が100分の1(1年に1回の割合)と判明したというのは、報告済みです
「ベルばらKids」は2009年3月28日でいったん終了
その後、2010年2月6日から無事再開されましたが、1作ずつの発表となってしまい、こりゃ当分サンちゃんには会えないぞーと覚悟を決めていたのですが、2010年9月18日に登場、意外とあっさり再会を果たすことができました
当blogの使命として、「出現」の報告を直ちにすべきだったのですが、ここまで遅れてしまったことを全国のサン・ジュスト・ファンの皆様にお詫び申しあげます

さて、そのサン・ジュスト登場作品ですが、彼の問題作「オルガン」にスポットを当てるというなかなかマニアックな展開となっています
そもそも、彼が「おたずね者」とされたのは、この戦闘と愛欲をどぎつく描写した長編詩が当局から猥褻と判断され発禁処分になったのがきっかけでした
k.jpg

仏文学者桑原武夫は、この詩について、
「ポエジーとしては優秀とはいえない。奇怪な混沌ともいうべきものである。私は読了に苦労を覚えた。しかし、サン=ジュスト理解のかぎは、おそらくここに秘められているのであろう」
と述べています(「恐怖政治の大天使・サン=ジュスト」より)

かつてカッコつけて、死ぬまでに絶対読んどきたい本として、フーコーの「言葉と物」やジョイスの「フィネガンズ・ウェイク 1・2・3・4」、トマス・ピンチョンの「重力の虹」などをあげましたが、一番読みたいのは、やっぱりサン・ジュストの「オルガン」以外にありません(日本語翻訳版出てませんが…)
読書で苦痛を味わうの大好きですから

さて…
当blogでも久しぶりの登場なので、サン・ジュスト関連作品を紹介しておきますね(常連の方は、「ちっ、またやってるよ」と苦笑でもしながらご覧ください)

mb.jpg
マリーベル 講談社漫画文庫
手に入れてから随分になるのに、未だに読んでおりません
2回目ですが、名場面もどうぞ ↓
PIC00010.jpg

そして
sw.jpg
杖と翼 小学館文庫
こちらも未読です(すみません)
名場面どうぞ ↓
sw1'.jpg

そうそう、一つ謎が解明しました
PIC00006.jpg
「ドジエサマ」というのは、木原敏江さんだったのですね
サン・ジュストねたは、「ドジエサマ」から池田理代子に伝承されたそうです

さらに、(読みもしないのに)こんなのも手に入れちゃいました
sj'.jpg
サン・ジュスト転生
「私は、私を構成し、また諸君に語りかけているこの塵芥を軽蔑する。
人はこの塵芥を迫害し、これに死をもたらすことはできよう。
だが私が、幾多の世紀のうちに、諸天のうちに自らに与えてきたこの何者にも属さぬ命を、私から引き離すことは誰にもできぬ……」
おお、いいですね
もしかしたら、読んじゃうかもしれません

今日の1曲
Brother / The Organ
http://www.youtube.com/watch?v=5GdgEXaF2sk&feature=related
organ.jpg
Grab That Gun



コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:コミック

コメント 4

sknys

モバサムさん、こんばんは。
池田理代子センセイがヴェルサイユ宮殿でコンサートを開いたそうです。
「マリーベル」と「杖と翼」は雑誌連載中に一部読んでいました^^;

The Organは未知のバンドですが、この曲は女版The Smithsみたい。
今宵のアルバム。
『Organ Transplants Vol.1』Stock Hausen & Walkman
http://www.amazon.co.jp/dp/B0000275AQ
by sknys (2011-02-09 23:16) 

モバサム41

sknysさん、コメントありがとうございます。
池田理代子が仏政府からレジオン・ドヌール勲章を授与されたというニュースは聞きましたが…これは、ちょっと悪乗りの気がします。

The Organのヴォーカルが女だったと今初めて知りました。

紹介していただいたアルバムは、懐かしのストック・エイトキン・ウォーターマン?
by モバサム41 (2011-02-14 02:23) 

sknys

シュトックハウゼン(Stockhausen)とストック・エイトキン・
ウォーターマン(Stock Aitken Waterman)のパロディみたい^^;
「Organ Transplants」は「臓器移植」という意味。

「Vol.2」も出ていますが、極めつけはSick Cat名義の《Hairballs》。
初回盤は「猫毛皮袋」に入っていたのだ^^
http://www.discogs.com/viewimages?release=361071
by sknys (2011-02-15 23:32) 

モバサム41

sknysさん、コメントありがとうございます。
お返事遅れてすみません。
ネコは、どうか勘弁してください(笑)
by モバサム41 (2011-03-12 23:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。