So-net無料ブログ作成
検索選択

ウォルター・クレインの本の仕事 [アート]




絵本はここから始まった
ウォルター・クレインの本の仕事
wc'.jpg
2017年4月5日(水)―5月28日(日)
千葉市美術館

ウォルター・クレイン(Walter Crane 1845-1915)は、19世紀後半にイギリスで活躍し、現代の絵本の基礎を築いた重要な画家の一人であり、また、ウィリアム・モリスとともにアーツ・アンド・クラフツ運動を推進したデザイナーとしても知られています。
1845年、画家の息子としてリヴァプールに生まれたクレインは、13歳の時、木口木版の工房に入りデッサンの基礎を学びます。その後、多色刷木口木版の技術を開発した彫版師・刷師のエドマンド・エヴァンズに才能を見いだされ、2人は1865年に全ページカラー刷りのトイ・ブック(8-12ページほどの簡易なつくりの絵本)を生み出します。それまで絵本のカラー印刷は表紙に限られ、中の挿絵ページは手彩色でしたので、これは画期的な出来事でした。以後、クレインはエヴァンズと組み、優れたデザインと輝かしい色彩による独創的な絵本を次々と世に送り、一躍有名になります。
1877年以降、クレインはトイ・ブックの仕事から手を引きますが、生涯にわたり子ども向け・大人向けの挿絵本の仕事に情熱を傾け数々の傑作を生み出します。その一方で、壁紙、テキスタイル、室内装飾などのデザイナーとして、また装飾芸術の理論家、教育者、画家、熱心な社会主義者として多方面で活躍しました。
本展は、本の仕事を中心に、クレインの芸術を本格的に紹介する日本で初めての展覧会で、クレインのほぼすべての絵本と主要な挿絵本を網羅する約140点の作品を展観します。またクレインとともに絵本の黄金時代を築いた画家ケイト・グリーナウェイとランドルフ・コールデコットの作品約40点もあわせてご覧いただきます。(展覧会図録中の「ごあいさつ」より)

感想ですが…
挿絵なのでサイズは小ぶりですが、出品数はなんと191点
また、絵本だというのに分厚い本ばかりでヴォリュームはたっぷり
一つ一つのクォリティも高く、非常に満足度の高いエキシビションでした
19世紀英国ヴィクトリア朝時代ということで、この作品はあれの影響を受けてるよねとか、逆に、あれはこの作品にインスパイアされたのではなどと勝手な妄想ができて(えっ、これってビアズリーのプロトタイプ?ってのも発見できて)楽しめました

何点か紹介しておくと…(by post cards)

wc28'.jpg
「シンデレラ」
どうでもいいことですが、Cinderella のアクセントは、Umbrella(傘)と同じく第3音節です

wc30'.jpg
「長靴をはいた猫」
普通の黒猫です

もう一点…
wcpib'.jpg
”Puss in Boots”
こちらの方が悪(わる)ぶりが表れていて良いです

wc33'.jpg
「赤頭巾ちゃん」
狼がワイルドでよだれ垂らしてそうで良いです

wc37'.jpg
「眠り姫」
主役だというのに、姫は家来たちの背後、右奥の片隅で爆睡中です

wc40'.jpg
「美女と野獣」
ビーストは猪でしたか…(笑)
某巨大エンタメ企業の影響からかさすがに違和感ありますが、でも、こちらのブタ鼻の方がより野獣らしくて良いのかもしれません
ラ・ベルはラファエル前派風美女ですが、お子ちゃま向けの絵本なので、より二次元的、マンガチックに描かれています

wwc'.jpg
絵本はここから始まった ウォルター・クレインの本の仕事
最近の展覧会図録は、一般向けに販売されるようになりましたね
カタログ・マニアの私としてはちょっと複雑な気持ちです

今日の1曲
Our Lips Are Sealed 「泡いっぱいの恋」/ The Go Go's
邦題は、アルバムのジャケット写真、そして原題の“Our...”から 「泡いっぱいの恋」となったという噂ですが、きわどい曲だと勘違いする人が続発…したかもしれません
https://www.youtube.com/watch?v=JaEDnOG4zos
ggs'.jpg
ビューティ・アンド・ザ・ビート 1981年
もちろん、美女と野獣(ビューティ・アンド・ザ・ビースト)にかけています

ベリンダ・カーライル(ベランダ蚊がいる)とジェーン・ウィードリンを輩出し、The most successful all female rock band of all time! と評価されているゴーゴーズなのに、日本で紙ジャケが出ないのは寂しいことです
ちなみに、私はドラムのジーナ・ショックが一押しでした

関連記事
ネズミが支配する街
おとぎ銃士 赤ずきん
ジャン・コクトーの世界
いばら姫
眠る女
カバヤ文庫のこと 其の一
雪白姫


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0