So-net無料ブログ作成

「レ・ミゼラブル」百六景 [ブック]




鹿島茂 「レ・ミゼラブル」百六景 文春文庫
LM106'.jpg
なぜジャン・ヴァルジャンは、パリのその街区に身を隠したのか? 
里親から虐待を受けるコゼットが、夜店で見ていた人形はどこ製か? 
19世紀の美麗な木版画230葉を106シーンに分け、骨太なストーリーラインと、微に入り細を穿った解説で、みじめな人々(Les Misérables)の物語をあざやかに甦らす。長大な傑作の全貌がこれ一冊でわかる!

挿絵の中からいくつか紹介しておきます
一番有名なのは、やっぱり(表紙にも採用された)これでしょう
コゼット by バヤール
LMcos'.jpg
この虐げられるコゼットのイメージは「レ・ミゼラブル」という作品の枠を越え、ユゴーという作者さえも消し去り、ついには、意地悪な継母と義姉たちにいじめられるシンデレラの童話と重なって、一つの神話、虐待される子供という神話となった、とのことです
ただし、ジャン・ヴァルジャンに保護されてからの彼女は、ヒロインとしての存在感が薄れてしまうのが残念です

テナルディエ夫妻 by ブリヨン
LMte'.jpg
1818年のある日の夕方、コゼットを抱いたファンチーヌはモンフェルメイユの一軒の安料理屋の前を通りかかり、路上で小さな女の子がに2人、遊んでいるのを見て、思わず「なんてかわいらしいんでしょう」と叫んだ。
コゼットもそこに加わり、3人が姉妹のように遊ぶのを見ていたファンチーヌは、そばにいた大柄な母親に、思い切って、コゼットをしばらく預かってくれないかと頼んだ。すると奥から亭主の声がして月に7フランの半年分、それに支度金15フランと子供の服を置いていくなら預かってもいいと答えた。ファンチーヌは翌朝、その金を払い、コゼットを残して出ていった。テナルディエ夫妻がどんな人間かも知らずに――。

マドレーヌ氏(ジャン・ヴァルジャン)とファンチーヌ by バヤール
LMfon1'.jpg
明け方、ジャン・ヴァルジャンはファンチーヌのもとへ戻ってきた。ファンチーヌは「コゼットはどこ」と尋ねた。医者が助け舟を出して、コゼットは下にいる、いま会うのは体に良くないと諭したので、ファンチーヌも納得し、コゼットの様子を尋ねるだけで我慢した。
そこへ突然ジャヴェールが入ってきた。ジャヴェールの顔はジャン・ヴァルジャンを捕えた残忍な喜びで輝いていた。ジャン・ヴァルジャンはコゼットを呼びに行くために3日の猶予をくれと頼んだが、ジャヴェールは取り合わず、ジャン・ヴァルジャンの胸倉をつかんで「こいつは徒刑囚のジャン・ヴァルジャンなんだ」と大声で怒鳴った。
その瞬間、ファンチーヌはベッドから身を起こし、大きく目を見開いて何か言いたそうに口を開けたが、そのままこと切れた。ジャン・ヴァルジャンは「しばらく邪魔しないでくれ」と言い、ファンチーヌに何事か低い声で話しかけた。そのとき、サンプリス修道女はファンチーヌも青ざめた顔になんともいえない微笑が浮かび上がるのを見たという。

ジャヴェール by ド・ヌーヴィル
LMjav'.jpg
追いつめられたジャン・ヴァルジャンはドロワ=ミュール通りの左側の人気のなさそうな大きな建物に目をつけた。壁をよじ登るのは脱獄囚の彼には造作もないことだった。だが、コゼットをどうする。あたりを見回すと、右手のジャンロ袋小路の中ほどに、街灯を吊している綱が目に入った。ジャン・ヴァルジャンは意を決してポロンソー通りを飛び越え、袋小路の街灯の綱を切り取ってコゼットのもとへ戻った。そしてコゼットの腋の下にネクタイを回し、綱と結びつけると、綱のもう一方の端を口にくわえて壁をまたたくまによじ登った。次の瞬間、コゼットの体は宙に浮き上がり、あっという間に壁の上に達した。
コゼットを背負ったジャン・ヴァルジャンが建物の屋根をつたって中庭に降りるか降りないかのうちに「袋小路を探せ」と叫ぶジャヴェールの声が聞こえた。

《パトロン・ミネット》 by ブリヨン
LMpmi'.jpg
当時、パリの奈落を支配していたのは《パトロン・ミネット》と呼ばれる四人組の悪漢だった。このうちグールメールはヘラクレスのような大男で、髪の毛はごわごわして短く、顔中がひげで覆われていた。これと対照的にバベは痩せた役者崩れのインテリで、昔、縁日で歯医者をやっていたという。クラクズーは常に覆面をつけ、二色の声音を使い分ける正体不明の無頼の徒だった。モンパルナスはかわいらしい顔の少年で、目には春の光を浮かべていたが、早くも悪徳のすべてを身につけ、18歳の時にはもう何人も人を殺していた。

魅力的な悪役が登場する物語こそ傑作です
なお、モンパルナスは、以前回想録を紹介したラスネールがモデルと言われています

マリユスとエポニーヌ by ド・ヌーヴィル
LMepo'.jpg
翌朝、マリユスが仕事を始めようとしたとき、ドアをノックする音がした。見ると、骨と皮ばかりの青白い体にスリップとスカートしか付けていない亡霊のような娘が立っていた。「あなたに手紙よ、マルユスさん」それは、隣室のジョンドレッド(正体はテナルディエ)からの無心の手紙で、文面といい誤字といい、拾った4通の手紙と同じだった。娘は父親に言いつけられて方々に手紙を届けていたのだ。
マリユスが物思いに耽っている間、娘はずうずうしく部屋の中を歩き回ったり、字を書けるのを見せびらかしていたが、やがて彼の頭をまじまじと見つめ、「あんた、自分がいい男だってことを知ってるの?」とかすれた声で言った。

秘密結社《ABC(ア・ベ・セ)の友》 by リクス
LMabc'.jpg
このグループの頭目はアンジョルラスという美青年で、司祭と戦士の性質を併せ持ち、冷酷なまでに徹底した論理の一貫性はその天使のような美貌とあいまって大革命のサン=ジュストを思わせた。アンジョルラスが革命の論理を代表していたとすれば、コンブフェールは革命の哲学を代表していた。彼の見解はどこか近づきやすく、実効可能なところがあった。ジャン・プルーヴェールは心優しいロマン主義者で、昼の間は社会問題を考え、夜になると星座に思いを馳せていた。その他、扇子職人で、独学であらゆる知識を身につけ、世界を開放することだけを念頭にしていたフゥイイ。貴族の出身で、義侠心に富み、グループに活気を与える中心人物だったクールフェラック。いつも機嫌のいい好人物で、暴動がなにより好きだったバオレル。25歳なのにすっかり禿げあがり、疫病神にとりつかれたようなとりつかれたようなレーグル・ド・モー(通称ボシュエ)。気で病む性格の医学生ジョリー。懐疑派の大酒飲みで、革命の理想は何一つ信じないが、唯一アンジョルラスだけを熱烈に賛美していたグランテール。こうした青年たちがカフェ・ミュザンに集まり、パイプをふかしながら大声で議論を戦わせていた。

ガヴロッシュ by リクス
LMgav1.jpg
1時間もたたぬうちに、パリのいたるところにバリケードが築かれ、銃砲台や衛兵詰所が襲われた。パリの三分の一は叛徒側の手に落ち、中心部は巨大な要塞と化した。葬列にいた《ABCの友》の会員たちも近くの硝所を襲い、武器を奪取してサン=メリー寺院のほうへ向かって進み始めた。
そこへベルヴイルの丘から下りてきたガヴロッシュが加わった。ガヴロッシュは骨董屋から古い騎馬用のピストルを失敬し、叛徒の悪口を言うかみさん連中に悪たれをつき、以前二人の孤児に辛く当たった床屋の店に石を投げ込んで憂さをはらし、歌を歌いながら戦闘の隊列に参加したのである。

なお、パリの浮浪児ガヴロッシュ(実はテナルディエに捨てられた息子、エポニーヌの弟)は、ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」の二丁拳銃の少年からインスパイアされたと言われています
LMpe1'.jpg

アンジョルラス by リクス
LMen'.jpg
総攻撃に対し、叛徒たちは頑強に抵抗したが、数を頼んで突撃を繰り返す攻撃側の勢いに敗色が次第に濃厚になった。次々に戦死者が出て、ついに中央を突破された。マリユスはなお奮戦していたが全身に傷を受け、アンジョルラスだけが無傷だった。アンジョルラスは生き残った連中を連れて居酒屋の中にたてこもった。マリユスは外で鎖骨に弾丸を受け意識を失った。
アンジョルラスたちは二階に上り、乱入した兵士に硫酸を浴びせかけ最後まで抵抗したが、攻撃側はとうとう二階の広間になだれ込んだ。残っているのはアンジョルラスただ一人だった。「銃殺だ」「よかろう」「狙え」十二人の兵士が銃を構えたとき、グランテールが突如目を覚まし、「共和国万歳」と叫びながらアンジョルラスの脇に立った。「いいだろう?」グランテールが優しくそう言うと、アンジョルラスはにっこりと笑って手を握った。その微笑が消えぬうちに銃声が響き渡った。

マリユスは意識を失いながら何者かの手が自分を掴むのを感じた。ジャン・ヴァルジャンがマリユスを抱いて下水道へ逃げ込んだのである。

ジャン・ヴァルジャンとマリユス by ド・ヌーヴィル
LMjva'.jpg
ジャン・ヴァルジャンはマリユスを背負って、迷宮のような下水道の中を歩いていった。マリユスはもう死んでしまったのか、ひどく重く感じられた。

オペラの怪人(ファントム)も潜んだ、パリの有名な地下迷宮です

今日の1曲
People's Song 「民衆の歌」 / Les Misérables Cast from Soundtrack 2013年


ジャン・ヴァルジャンは化け物だから(笑)別格としても、マリユス(ジャン・ヴァルジャンにおんぶされてるだけ)よりもアンジョルラス、そして、コゼット(ジャン・ヴァルジャンに抱っこされてるだけ)よりもエポニーヌでしょう


おまけ
新井隆広によるコミック版もどうぞ

LMc1'.jpg
レ・ミゼラブル(1) ゲッサン少年サンデーコミックス
おお、このジャン・ヴァルジャンはいいですね
パトロン・ミネットを瞬殺しそうなエナジーが感じられます

LMc7'.jpg
LES MISERABLES 7 ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル
アンジョルラスは映画版に近いのかな?
革命の大天使です

さらに描き下ろし「ABCの友」イラストだそうです
abc'.jpg


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0